ブログトップ

煎茶と靴下、そして薬草

thetearoom.exblog.jp

<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お店の由来

私たちのような小さな製造業の多くは、かつては大きな企業の下請けという立場でメイドインジャパンのモノづくりを支えてきました。
近年ではお店のブランド化が進み、商品開発もお店側が主導権を握る中、ブランドの下請けの立場に変化してきていました。

そんな流れの中で、自分たちが培ってきたモノづくりの自信を直接、使われる方に触れていただき、さらに互いが交流できる「場」としてスタートしたのが、「煎茶と靴下、そして薬草」です。

私たちの共通のテーマは「自立」。

下請けからの自立という意味だけではなく、それぞれが仕事にプライドを持って取組み、そのことで社会の中での一定の役割を果たしている実感を持ちたいのです。


煎茶って、こんなに深い味わいだったの!

靴下職人が本気でつくった靴下はちがう!

日本には独自のヘルスケアがあったのですね!

そのような皆さんの声によって、さらなる進化へのモチベーションを得ています。

未来が見えにくい今の時代。

商業主義によって踊らされる社会はもう沢山ではないでしょうか。

情報もそんなに沢山必要ではないですね。

これからの時代は、私たちのひとりひとりが自分らしさを活かしながら社会の中での存在感を実感できる社会になってほしいと考えています。

そういう社会を目指して、私たちは力を合わせて歩み続けることが大切ではないでしょうか。

前向きに歩み続ける限り、素敵な出会いがあって、きっと私たちの人生は驚きに満ちた広がりをみせると信じています。


a0229267_0143676.jpg

[PR]
by thesenchatearoom | 2012-05-31 00:30 | concept

粋翠の会 水無月

初夏ですね。
気持ちの良い日が続きます。

今月の「粋翠の会」は、6月9日です。

a0229267_1915472.jpg


このたびの「粋翠の会」は、”新茶”のお披露目となります。

去年から今年の収穫までの期間、天候や雨量に恵まれ
土や日光や肥料の養分を茶木がすいすいと吸ってぐんぐん育ち、
とびきり美味しい新茶が出来上がりました。

一年に一度、この時期だけの新茶との出逢い。
前日まで、一番茶の仕上げに奔走している井ノ倉さんも当日は駆けつけて来て、皆さまに“新茶”を御賞味いただくのを楽しみにしています。

お気軽にご参加ください。


***************************************************************

「粋翠の会 水無月」

◇日時:6月9日(土)
1) 13:00~
2) 15:00~
3) 17:00~

◇参加費用:御一人様  3000円

新茶の粋翠を、季節の旬なものとともに愉しんでください。。



参加ご希望の方はTHE SENCHA TEA ROOM 「煎茶と靴下、そして薬草」店頭での受付、
thesenchatearoom@gmail.com宛てメール または、お店(070-5438-2016)まで、
ご連絡お願いします。

スタッフ一同 みなさまのお越しをお待ちしております。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

THE SENCHA TEA ROOM

「煎茶と靴下、そして薬草」

大阪市中央区南船場3-2-6

大阪農林会館2F 

TEL:070-5438-2016

http://thetearoom.exblog.jp/

http://www.flickr.com/photos/thesenchatearoom/show/
[PR]
by thesenchatearoom | 2012-05-24 18:59 | 茶時間/お茶会

イーゼル芸術工房/”音紡”茶摘み体験

このたびは有難うございました!
茶摘み体験は皆さまにとっていかがでしたか。
茶業は他の農業と同様に、自然との関わりの中で成立しています。
さらには地域の労働力や資源とが一体となって維持されています。
自然と私たち人間の営みの媒介しているのが農業と言えるかもしれません。

このたびのように皆さんが茶摘みに参加されることは、自然と生産者、そして生活の営みがトータルにつながった状況のように私は感じることが出来ました。
安全でおいしいと感じて頂けるお茶づくりへの想いを一層強く持つことが出来、心から感謝しております。

当日は茶葉の露を取り除き、すぐに蒸してから5つの工程で丁寧に揉み込み、水分を徐々に減らしながら、木綿針のように細くて光沢のある茶葉の形に仕上げました。ここまで要した時間は8時間でした。そして翌日、最終仕上げを行い、やっと完成です。
このように煎茶は複雑な作業工程を経て出来あがります。
d0194795_8523467.jpg

今回はイーゼル芸術工房の皆さんが来られて素敵な音楽を畑の中で奏でてくれました。
ミュージックという言葉は、音楽・舞踏・学術・文芸などを司るギリシャの女神ミューズに由来し、「ミューズの恩寵にあずかる人間の営み」を表すギリシャ語のム―シケーが語源であるそうです。音楽もお茶も私たちの営みを豊かにしてくれる点では共通します。
同時に人と人とのつながりを演出してくれる点でも音楽とお茶とは相性が良いと実感しました。
それらのことから連想して、今回のお茶を「音紡/OTOTSUMUGI」と命名させて頂きました。
d0194795_8571569.jpg

[PR]
by thesenchatearoom | 2012-05-11 09:08 | event

お茶摘み

小雨の中、お茶摘みを行いました。
午前中は、特に肌寒かったので参加された皆さまは大丈夫だったでしょうか。
a0229267_8191339.jpg

このたびは約100名の方が参加されました。
来年も是非参加したいというお声も何人かの方から寄せられています。
a0229267_8232226.jpg

a0229267_825691.jpg

今年は「イーゼル芸術工房」の皆さんが来られて、畑で演奏会を行って頂きました。
a0229267_8273168.jpg

純粋に芸術活動だけで生計をたてられているグループです。
一人でも多くの方がファンになっていただき、彼らの“純粋”な活動を応援していただきたいと思います。

“純粋に”という点において、井ノ倉さんのお茶づくりに対する姿勢との共通の部分があると思います。
そのこともあって、今回、皆さんが摘んで頂いたお茶を「音紡/OTO-TSUMUGI」と命名させて頂きました。
ご参加頂いた皆様には、少量ではありますがお送りしますので、音楽を聴きながら究極の“手摘み煎茶”の調べを愉しんでいただきたいと思います。
[PR]
by thesenchatearoom | 2012-05-10 08:42 | event

来る6日(日)の営業時間変更について

☆来る5月6日(日)は、「お茶摘みの会」の実施のため、
お店のオープンを15:00からに変更させていただきます。

誠に申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。
[PR]
by thesenchatearoom | 2012-05-01 15:11 | news